学校卒業で資格取得|幼稚園教諭を目指して~大学通学のメリット~
仕事

幼稚園教諭を目指して~大学通学のメリット~

学校卒業で資格取得

修学

子どもが好きな方に人気な職業の代表といえば、保育士が挙げられます。現在、保育士不足が叫ばれており、ニーズの高い職業でもあります。保育士として預かる子どもの年齢は、施設によっても異なりますが0歳~5歳までと様々な成長がみられる期間です。お母さんが見られない間、その成長の手助けをする役割が保育士の仕事です。保育士になるためには、資格の取得が必要です。保育士国家試験を受けて資格を取得するか、厚生労働省の認可を得た学校を卒業することで資格を取得してください。学校へ通って資格を取る場合は、試験を受けずに資格取得ができることのほかに、保育士になるうえで役立つ幅広い知識を学べることが魅力です。通う期間も短期大学や専門学校なら約2年、4年制大学であれば約4年が一般的です。なるべく早く保育士として活躍したいのであれば短期大学か専門学校を、じっくりとひろい知識を得たいのであれば4年制大学を選ぶとよいです。各学校でカリキュラムも異なりますし、それぞれの特徴があります。期間は特に問わないという方でしたら、このカリキュラムに注目して、自分の理想とする教育方法を学べるカリキュラムを組んでいる学校を選んでください。また、専門学校を選択する場合、気を付けたいのが文科省と厚労省の指定校であるか併修校であるかという点です。文科省、厚労省指定の学校であれば、学校卒業がそのまま資格取得となりますが、併修校ですと別途、通信制短大でも勉強をしなくてはなりません。1つの学校に通うだけで資格を取得したいのであれば、文科省、厚労省指定の専門学校を選択してください。